人生送りバント

嫁に内緒でFIRE目指してます。

初心者おススメ米国ETF~VYM編~

f:id:sakuchanblo:20210418205017p:plain

読んでほしい人

  • 米国ETFに投資してみたい人
  • 高配当ETFに投資したい人
  • VYMに投資してみたい人

 

自己紹介

自称ミニマムリストとして1年、

資産運用始めてはや5年。

本を読んだりネットで検索したりと、

自分なりに調べてみました。

もうすぐ30を迎える、

夫婦と2歳の息子1人の3人家族です。

初心者が作る初心者のためのブログを心がけています。

 

目次

 

VYMの概要

ファンド概要
ファンド名 バンガード 米国高配当株式 ETF
ティッカー VYM
運用会社 バンガード社
設定年 2006/11/10
経費率 0.06%
通貨 米ドル
ベンチマーク FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス
銘柄数 約400銘柄
配当頻度 年4回(3,6,9,12月)
基準価格 103.58(2021/4/16終値
資産総額 35,433百万米ドル(2021/03/31時点)
配当利回り 2.94%(直近1年間)

約3%(過去10年間平均)

分散方式 時価総額加重平均
リバランス/組入 年1回
販売会社 SBI証券楽天証券など

 

VYMの特徴

 経費率の安さ

経費率いわゆるコストですが、

驚異の0.06%!

爆安に認定させていただきます(笑)

個人的にコストが0.20%以下であれば

安いほうかなーと思います。

また、私は長期運用を目的としているので、

コストの安さは重要です。

 

配当利回りの高さ

過去10年間の配当利回りを表にしました。

西暦 年間分配金 分配金利回り
2020 $2.906 3.11%
2019 $2.842 3.64%
2018 $2.649 3.09%
2017 $2.401 3.17%
2016 $2.206 3.30%
2015 $2.149 3.13%
2014 $1.908 3.06%
2013 $1.749 3.54%
2012 $1.593 3.52%
2011 $1.327 3.14%
平均 $2.173 3.27%

※年間の配当金を年末終値で除した値です。

過去10年間での配当利回り3.27%

配当金は比較的安定しているように見えます。

コロナ下でも3%を維持してます。

 

チャート推移

VYMとS&P500を比較したチャート推移です。

f:id:sakuchanblo:20210418213413p:plain

青:VYM 赤:S&P500 

引用元https://finance.yahoo.com/

2014年からS&P500に離されてはいますが、

S&P500は最強銘柄なので仕方ないです。

しかし比較的S&P500と相関性のあるチャートとなっています。

 

基準価格

基準価格つまり1株の値段は103米ドルです。(2021/4/16)

1ドル110円として日本円で換算ですると、

1株約12,000円弱です。

少し高めではありますが、VOOやVTIといった有名銘柄よりは安めになっています。

 

ベンチマーク

FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスを採用しています。

簡単に説明すると、

米国株式市場の大型から小型株までの配当利回りが上位の銘柄で構成され、

不動産や配当予定のない銘柄は除外されます。

銘柄の比率は時価総額加重配分」なので、

時価総額の多い企業の割合が高いです。

下記がVYMの構成銘柄TOP10です。

TOP10 会社名 比率
1 ジョンソン&ジョンソン 3.7%
2 JPモーガンチェース 3.5%
3 プロクター・アンド・ギャンブル 3.0%
4 ベライゾン・コミュニケーションズ 2.2%
5 コムキャスト 2.1%
6 バンク・オブ・アメリカ 2.1%
7 コカ・コーラ 1.9%
8 メルク・アンド・カンパニー 1.9%
9 ペプシコ 1.9%
10 AT&T 1.8%

引用元:https://institutional.vanguard.com/iippdf/pdfs/FS923R.pdf

優良企業かつ高配当銘柄がづらりと並んでます。

 

セクター

どんなセクター(業種)に投資をしているのが表にまとめました。

セクター 比率
金融 20.8%
ヘルスケア 13.7%
生活必需品 13.6%
資本財 10.1%
情報技術 9.0%
公益 8.9%
通信サービス 8.1%
一般消費財 6.0%
エネルギー 5.9%
素材 3.9%
不動産 0.0%
その他 0.0%

 引用元:https://institutional.vanguard.com/iippdf/pdfs/FS923R.pdf

個人的な意見として、

ヘルスケアや生活必需品は、

景気に左右されにくい業種なので、

高配当でありつつも安全な銘柄なのではないのかなと思います。

また、不動産がゼロ分いろんな業種に分散されているイメージがあります。

 

コロナ渦

コロナ渦でのVYMとS&500のチャートです。

f:id:sakuchanblo:20210418222533p:plain

青:VYM 赤:S&P500 

引用元:https://finance.yahoo.com/

みなさんこれを見てどう思います?最大で30%以上の大暴落していますね。

個人的にはしっかり反発しているので全然問題なと思うんですよね。

むしろ安い時にいっぱい買えてラッキーなぐらいです。

どんな銘柄でも必ず下がるので、コロナの状況になっても

慌てずに逆にラッキーと思えるようになりましょう。

VYM運用方法

  • 配当金は「再投資」する。
  • 15年以上の「長期」で運用する。
  • 「積立」投資を行う。

私みたいな初心者の投資家はこの3つが全体条件です!

 

 まとめ

今回は、VYMについて紹介しました。

VYMは

  • コストが安い
  • セクターの分散が良い
  • 高配当ETFの中でも安心できそう

ということでした。

 

あくまでも投資は自己責任なのでご参考までに!

なにか質問やご要望があればコメントよろしくお願いします。

 

vis ta vie

 

合わせて読みたい記事

~SPYD編~

高配当米国ETFおススメ銘柄~SPYD編~ - 人生送りバント

~AGG編~

高配当米国ETFおススメ銘柄~AGG編~ - 人生送りバント

HDV編~

高配当米国ETFおススメ銘柄~HDV編~ - 人生送りバント

~VTI編~

 初心者におススメ米国ETF~VTI編~ - 人生送りバント